簡単に毎日できる虫歯予防

院長ニュース

簡単に毎日できる虫歯予防

2020/12/23

フッ素を塗ると歯が強くなる

子供の頃は定期的に学校で歯の検査を行っているので虫歯を早期に発見しやすいのですが、大人になるとなかなか検査にも行かなくなります。
また、子供にはフッ素塗布など行っていても、自分には面倒でしていない方も多いですよね。フッ素による虫歯予防は、初期虫歯を治す、酸に溶けにくい歯をつくる、虫歯菌の働きを弱める、などの効果があります。
フッ素は、唾液に含まれるミネラル分を歯に沈着させ、歯が自ら健康を維持する力(再石灰化)を高め、歯を溶かす酸に負けない強い歯にします。
とくに、生えたばかりの永久歯は弱いので有効とされています。
成人でも再石灰化を促す効果から利用している人が増えています。歯ぐきが下がるなどして、歯の下の方が露出してくると虫歯になりやすいのですが、フッ素はこのような歯にも有効だと言われています。

虫歯予防にいいことを習慣づけよう

実は、虫歯は最も予防しやすい病気の一つと言われています。地域によっては無料の歯科検診も実施しているのでぜひ受けてみて下さい。
同時に、痛くなってから虫歯に気づくことのないように、普段から予防を心がけましょう。
自宅や歯医者でできる虫歯予防法をぜひ、今日から実践してみて下さい。

自宅でできる虫歯予防

①歯磨き

・食後に忘れずに。寝る前も効果的(寝てるときは虫歯菌が活発になり唾液の量も減るため虫歯になりやすい時間帯)朝は口臭予防、昼は身だしなみ、夜は虫歯予防を意識して歯磨きすることを習慣付けるように、心がけましょう

②キシリトールガム

・再石灰化で歯を丈夫に。キシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を甘味料の中で唯一弱められると言われています。プラークをつきにくくする効果とはがれやすくする効果もあります。

③デンタルフロス

・歯の間にフロスを通して歯石も除去。デンタルケアの基本はブラシを使った歯磨きですが、ブラッシングだけよりも、デンタルフロスを併せて使った方が虫歯予防には効果的です。歯ブラシの毛先が届かないところにも届き、歯垢がよく落ちます。

④フッ素

・市販のものを使用することも可能。フッ素配合の歯磨き粉や、歯磨き粉が使えない子供にはフッ素ジェルもあります。いろいろな味があり、ジェルの効果で長時間にフッ素を浸透させることができます。ジェルの味やぬめりが嫌いな方にはフッ素の洗口液がお勧めです。歯磨き後にフッ素の洗口液でうがいをし終了です。原液のまま使えるので簡単でしかも無味無臭です。

⑤野菜を食べる

・歯を清潔にする効果が期待できます。歯の表面の汚れを落とす効果としては、食物繊維のイメージとして腸内の掃除とバランスを整えてくれる効果が一般的によく知られていると思います。これと同じことが歯の表面にも期待することができます。また、よく噛んで食べることで付着した歯垢などを取り除いてくれるため歯の表面がきれいな状態になります。さらに噛むという行為は歯肉の血行を良くします。

これらは習慣になればどういうことはないので、ぜひ習慣になるまでは意図的に実践してみてください。
なにが歯にいいのか?どうすれば虫歯を防げるのか?それを理解していれば、ふとした日常の行動を意識するようになるはずです。
生活習慣を変えるだけで、虫歯の原因となる細菌の増加を防ぐことができます。なにか1 つに頼るのではなく、総合的に歯にいい生活へと改善するとより効果的です。そして定期的に歯科医院で検診を受け、専門的なクリーニングや個人に適した食生活指導を受けておくことも大切です。
全身の健康を保つことにもつながりますので、まずはお口の健康を保つことを心がけましょう。

新型コロナウイルス感染予防対策について

秋田インプラント.COM

診療のご案内

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 口腔ケア
  • 訪問歯科

患者さまの声

よくあるご質問

採用情報

当院のご案内

診察時間

[平日]
9:30~12:45 / 14:30~19:00
[土曜日]
9:30~12:45 / 14:00~16:30
※日曜日・祝祭日は休診です。

アクセス

地図

〒010-0101
秋田県潟上市天王字長沼40-14
TEL:018-873-5111
FAX:018-873-6012

SSL グローバルサインのサイトシール

ページトップ